参加するにあたって In participating

講話は英語で行われますが、日本語の通訳が入ります。

The lecture will be held in English, Japanese interpreters will be included.

伝統に従って、受講料などは設定しておりません。

1)運営費について

会場運営費(1日2,500円)は、当日の朝、受付に納めてください。

2)ランチは、伝統に沿って「アンナ・ダーナ(食事の無償提供)」とさせていただきます。

スポンサー(食事代の寄付をすること)を希望される方はご連絡ください。当日も受け付けております。
当日会場にてお名前を発表させていただきます。匿名も可能です。

3)知識を教え継ぐ為の伝統−〔ダクシナ〕について

インドの伝統において、ヴェーダやヴェーダンタの知識を教える事は、とても神聖なものと見なされています。その知識を受け取った生徒が、知識の伝承に対する尊敬と感謝を表す為に先生に渡すお金のことを〔ダクシナ〕と呼びます。ヴェーダの知識の教え継ぐという伝統において、ダクシナは重要な役割を持っています。伝統の教えの中に、自分が見いだせた価値観を表現する方法とも言えます。このダクシナにより、ヴェーダ、ヴェーダーンタの教えの伝統に対する、先生と生徒のあるべき正しい姿勢は守られてきました。恩師スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーをはじめとする伝統の教えを受け継ぐ先生方は、このダクシナという伝統的な方法を大切に守っていらっしゃいます。ダクシナは封筒に入れて、最後に先生に直接手渡すか、ダクシナ箱に納めください。

アヒムサーの価値観から、日常生活においてベジタリアンであることが望まれます。

各会場へは、ベジタリアン以外のもの(肉・卵・出汁・エキス等)が含まれる食品の持ち込みはご遠慮ください。お菓子やお弁当を持参いただく場合には、原材料までを詳しくチェックするよう、よろしくお願いします。また、ベジタリアンであっても、ベジタリアン以外のものを調理した調理器具が使われていることがないように気をつけてください。
Please refrain from bringing any non-veg food(ex. meat, fish, eggs, soup stock, extract, etc.) 

○About participation fee

Traditionally, we do not set up the reception fee etc.

・Give operating expenses to the organizer.
・Anybody can sponsor Lunch by good will.
・You would donate Dakshina to the teacher directly.
・Priority is given to applicant who can attend either all 3 days in Shiga, or both days in Kobe.

1)Please pay the venue management fee (2,500 yen per day) at the reception in the morning.

2) We are planning to do “Anna · Dana (free meal provided)” according to tradition. Those who wish to sponsor (donate meal fee), please consult the organizer. We will announce your name at the venue on the day. Anonymous is also possible. )

3)”Dakshina” is a way to express respect and gratitude to the tradition of knowledge and teaching of Veda, Vedanta. It can be said that it expresses the values that you found in traditional teachings. By this method called Dakshina, the correct attitude of the teacher and the student to the tradition of the teaching of Veda, Vedanta has been kept. The teachers who inherit the traditional teachings such as the former teacher, Swami, Dayananda Sarasvati carefully keep this traditional way of Dakshina. Prepare Dakshina in an envelope, and finally hand it directly to the teacher or put it into the Dakshina box.

cautions

From the teachings of Ahimsa, it is desirable to be a vegetarian in our daily lives. Please do not bring foods containing things other than fruits and vegetables (Ex. meat, fish, eggs, soup stock, extract, etc.) to each venue. In case you bring your own lunch and some snacks, please check the ingredients carefully.For vegetarians, please make sure not to use cooking utensils used for cooking non-vegetarian items.

error: Content is protected !!